薄毛に悩まされている場合は、ポリフェノールを意識的に摂取してみてはいかがでしょうか? まず、ポリフェノールには、血行を促進させる作用があります。 薄毛は血行不良が原因で発生する場合があり、血液の流れが悪いと頭皮に十分な栄養を届けることができません。 そこで、ポリフェノールを摂取することによって血液の流れを良くすれば、十分な栄養を頭皮まで運ぶことができ、発毛を促進させることができるのです。 さらに、ポリフェノールには、活性酸素の働きを阻害する作用もあります。 活性酸素は老化を促す物質なので、これが活発に働いてしまうと髪も抜けやすくなりますし、生えづらくなります。 そのため、活性酸素の働きを阻害するポリフェノールを摂取すれば、抜け毛を減らすことが可能です。 このように、ポリフェノールは薄毛に効果的な成分なので、摂取し続けることによって薄毛が改善する可能性があります。 しかし、だからといって、ポリフェノールを摂るために特定の食べ物ばかりを口にしていると栄養不足になり、髪の成長を妨げることになりますから注意してください。